野外環境コミュニケーションキャンプ12泊13日  ~生きる力・気づく力・考える力~3つの力を使って『やり抜く力』を育む

20170502_1_800x450

【野外環境コミュニケーションキャンプ】とは

生まれた時から当たり前のように全ての生活が整い、蛇口をひねれば水が出て、パソコンを使えば足を運ぶ事無く何でも知る事の出来る時代。今ある当りまえの暮らしを離れ、瀬戸内の自然の中で、『持続可能な暮らしとは何か』を、自らの経験と、仲間との野外生活を通じて考えます。

また同時に、様々な野外での体験を通じて物事の本質を見きわめ、生きる力・気づく力・考える力~3つの力を使って『やり抜く力』を育みます。

野外環境コミュニケーションキャンプで、自らの足で歩き、腕で漕ぐ体験から、「本当の豊かさとは何か」を感じ、さらに、『持続可能な生き方とは何なのか』を仲間と共に考え、気づきあいましょう。
参加対象:15才~20才程度の健康な男女 ※定員15名

1次募集:4月16日(日)~5月21日(日)

〒794-0051愛媛県今治市高地町2丁目乙429-1 TEL0898-32-5375
アースランド内『しまなみ野外学校』担当 木名瀬

<審査方法>

【一次審査】
作文と健康管理カードでの審査を行います。

■原稿用紙200~400の作文を郵送ください。
テーマ:『環境コミュニケーションキャンプ12泊13日』に参加したいと思ったか。作文には名前と住所をお書きください。

■作文とは別に申し込みカードをホームページよりダウンロードし記載ください。
https://searthland.wixsite.com/yagai1

【しまなみ野外学校とは】
愛媛県今治市の西部丘陵公園『しまなみアースランド』は、昨年の秋より、『株式会社 今治.夢スポーツ』(代表取締役 岡田武史)が指定管理を受けています。多くの若い世代に向けて、冒険や自然体験を通じて『持続可能な暮らしとは』を、共に考える場を提供します。この春より、アースランド内の四季折々の自然に親しみながら、「食」「環境」「生命」「仲間」「文化」「自然」について学ぶ様々なプログラムを展開します。

しまなみ野外学校エディケーター:木名瀬 裕(がってん)