【11/19】現場の気象リスクを数値で見える化!野外で人の命を預かるガイド・指導者のための 「ハンディ気象観測ツール」活用 講座

web2_400x400
もし判断を誤れば、時には命取りともなる天候のリスクを見極めることは、野外で活動する自然ガイド・指導者・保育者にとって、最も重要な仕事の一つと言えます。 ところがここ最近は、過去に例のない猛暑や、大型で猛烈な台風の接近など、経験豊富な指導者でさえ、活動の「中止か」「実施か」の判断に迷うケースが増えてきているのが実情ではないでしょうか。 また、こうした特殊なケースだけでなく、天気予報と活動現場の気象条件が、必ずしも一致しない時にも、何を根拠に行動を決定するかに頭を悩ませたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 (さらに…)
More

【11/25】 フィールド別に学ぶ! 危険生物対策 講座 Ⅱ 山地・里山の動植物編/都市公園の動物編/都市公園の植物編 【危険生物対策アドバイザー資格認定 講座】

危険生物Ⅱイメージ
■ ハチとヘビ 危険生物対策講座の続編、ついに登場!■  山や里地、都市公園には、事故や怪我につながる危険性をはらんだ様々な動植物が生息しており、それらの中には命にかかわるものもあります。この講座では、人気講座の「ハチとヘビを知り尽くす!危険生物対策講座」の続編として、アウトドアで出会う可能性の高い危険生物たちを【都市公園の動物編】【山地・里山の動植物編】【都市公園の植物編】の3部に分けて、フィールド別に紹介・解説し、事故予防に役立てていただくことをねらいとしています。 (さらに…)
More

【12/03】雨プロ・クラフトにも活用できる! 子どもと樹木をつなげたい人のための 実験で学ぶ 木のきほん 講座

top
  「指導者、保育者、インタープリターがなぜ木のきほんを学ぶの?」 ある研究によれば、子どもたちは動かない植物より、動いている動物や昆虫が好き。だけど… そんな子どもたちの興味を深めるためには、私たち指導者はその生き物が暮らす環境を幅広く知っていることが必要です。木や森は、生き物が暮らす場所や食べ物をつくりだし、生き物たちとお互いに支え合い、ひとつの生態系を作り出しています。 そのため、木を学ぶことで様々な生き物の解説に応用することができ、自然と子どもたちをつなげる解説材料を増やしていただくことができます。さらには、特定の生き物が利用する木や環境を知ることで、子どもたちがねらった生き物と出会いやすくなることも期待できます。 (さらに…)
More

【12/8】子どもの救命救急法 国際資格 「EFR-CFC」取得 講座 ~職務で子どもとかかわる保育者・指導者にふさわしい救命救急スキルを日帰りで学べる

web_848x477
全ての子どもの指導者に求められる 「救命救急法スキル」 3つの要素とは?  万が一の事故発生時において指導者に期待されるレベルの救命救急技術を身につけるためには、日本国内の一般的な救命救急法講習だけでは、残念ながら十分とは言えません。 特に、子どもとかかわる指導者にとって最適な救命救急法スキルには、次の3つの要素が含まれている事が推奨されます。 (さらに…)
More

【12/10】 発達障がいの特性に寄りそった 野外・体験活動 指導法 入門講座 〜 障がいへの理解を深め、気になるあの子も包み込む体験の場づくりを考える

hattashushogai_782x440
先生・保育者・指導者のための 発達障がいの特性に寄りそった 野外・体験活動 指導法 入門講座 〜 障がいへの理解を深め、気になるあの子も包み込む体験の場づくりを考える  あなたのプログラムの参加者の中に、少し「気になる」子や、ほかの子と「ちがう」子はいませんか。  自閉症、ADHD、アスペルガー症候群、、、これらの診断名を持つ子どもたち…「発達障がい」のある子たちには特別な対応が必要なのでしょうか? 彼らは「普通」のプログラムを楽しめないのでしょうか?  野外活動や体験活動は、彼らの特性を生かしながら伸ばしていく学びの場として、大きな可能性を秘めています。 (さらに…)
More

【12/21】教育・保育&子どもの場づくりに関わる先生・リーダー・ケアワーカーのための 、おつかれさまCAFE@横浜

cafe_top-01_800x450 (1)
子どもの育ち&育つ環境づくりの現場で、 日々、子どもとの関わりで真剣勝負のみなさま、 本当におつかれさまです…! 保育園・幼稚園の先生、 小・中・高校 学校の先生方、 児童館や児童養護施設 職員のみなさん、 野外教育に関わるみなさん、 冒険遊び場に関わるみなさん…、などなど。 子どもに関わる先生やリーダー、保育者、ケアワーカーが集い、 日々の思いを「語り合う場」を持ちたいと思います。 職場や友だちにも話せない「あんなこと」や「こんなこと」も、 ここで出会う、子どもたちへの 多様なまなざし・異なる視点にふれることで、 明日がちょっと楽しみになる… そんなヒントを見つけに来ませんか? (さらに…)
More

【12/22】楽しさ・学び・発達をうながし重大事故を予防する!子どもの体験活動リスクマネジメント基礎 講座 【ASL資格認定 講座】

top6_170312_800x450
 野外教育分野のみならず、教員養成大や保育士会等の研修にも採用されているこの講座は、事故予防だけでなく子どもの成長や学びも促進する「リスクマネジメントの基本手順」を中心に、カリキュラムが構成されています。さらに、個人の安全管理スキルを高めながら他の指導者と連携する方法や、重大事故発生時の指導者の法的責任についても学ぶことができます。プロ・ボランティアを問わず、保育や教育・遊びを通じて子どもとかかわる指導者に必須の日々の安全管理を、日帰りで学べます。 (さらに…)
More

【1/14】 校長・園長・代表者・責任者のための、職員・スタッフチームで取り組む!子どもの体験活動「安全管理マニュアル」作成 講座【ASM 資格認定 講座】

manual_848x477
 安全管理マニュアルが存在しない、あるいは不備がある状態で、体験活動中に万一重大事故が発生してしまった場合、事業の継続が困難になることは、おそらく避けられません。  この講座では、「事故予防」と子どもの「遊び・学び・発達」を同時に促進するための「リスクマネジメントの基本手順」を土台に、責任者や担当者が一人で頑張るのではなく、職員・スタッフからなるチームの力を活用した「安全管理マニュアル」の作成プロセスを学べます。 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】エコリーダー養成講座フォローアップ研修「成果を生む写真の撮り方・活用法」

対話
2018年2月25日(日) 東京都 江東区にある、えこっくる江東 環境学習情報館で開催されたエコリーダー養成講座フォローアップ研修「成果を生む写真の撮り方・活用法」に、当アカデミーの講師 渡辺氏が登壇させていただきました。当日の様子や受講者の皆様の声をお届けします。 (さらに…)
More

講師インタビュー(2)寺田達也 〜子どもの救急法国際資格 EFR-CFC 取得講座

mameta_interview_01_390x300
 体験活動リーダースアカデミーで開講している様々な講座の講師に、そのスキルを身につけたきっかけや印象的なエピソード、そしてスキルを学ぶことのメリットなどをお聞きする「講師インタビュー」。  今回登場するのは、「子どもの救急法国際資格 EFR-CFC 取得講座」をはじめ、「救急セットを見直そう!」や「子どもの救急法フォローアップ講座」など、救急法・ファーストエイド系の講座を担当する 寺田 達也(てらだ たつや) 講師です。 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】夏の自由研究はコレだ! 親子で挑戦!本格昆虫標本づくり 2時間講座

IMG_0024
2017年7月22日(土) 夏休み最初の週末に、当アカデミー初となる親子向け講座「夏の自由研究はコレだ! 親子で挑戦!本格 昆虫標本づくり2時間講座」が、開講され、定員いっぱい12名の小1〜小6のお子さん達と、その保護者の皆さまにご参加いただきました。 (さらに…)
More

海野 義明 :NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター 代表理事

unpapa_prof2_195x150
講師紹介   海野 義明 UNNO, Yoshiaki キャンプネーム(うんパパ) NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター 代表理事 国立大学法人鹿屋体育大学海洋スポーツセンター客員教授 日本海洋人間学会 理事 NPO法人海に学ぶ体験活動協議会 理事 NPO法人自然体験活動推進協議会 理事 B&G葉山海洋クラブ代表 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】五感と心で伝わる!「昆虫・生きもの標本」作製講座(Ⅰ~Ⅲ)

160429_report_07_800x450
2016年4月29日、GW初日にあたるこの日、「 五感と心で伝わる!「昆虫・生きもの標本」作製講座(Ⅰ~Ⅲ)」が開講されました。講師は危険生物対策講座も担当されている、生き物への熱い思いを持ったインタープリター、セルズ環境教育デザイン研究所代表の西海太介さんです。今回も、西海 講師の講座ではお馴染みのこの言葉…「現象には必ず理由がある(※)」から始まりました! (さらに…)
More

スキルアップ Radio ! 【第1回】五感と心で伝わる!「昆虫・生きもの標本」作製講座 〜西海 太介 講師

APT_3480
 講師へのインタビューはじめ、アウトドア・体験活動の指導者・リーダーに役立つ情報満載のインターネットラジオ(Pod cast)「スキルアップ Radio ! 」。第1回目の今回は、 五感と心で伝わる!「昆虫・生きもの標本」作製講座 を担当される 西海 太介 講師へのインタビューです。 骨格標本は、あの某有名チェーン店 ○○フライドチキンからも作れるのでしょうか…?? 気になる答えは、ラジオでチェック! (さらに…)
More

講師インタビュー(1)河合宗寛 〜体験活動ファシリテーター養成講座

interview_300x362
 体験活動リーダースアカデミーで開講している様々な講座の講師に、そのスキルを身につけたきっかけや印象的なエピソード、そしてスキルを学ぶことのメリットなどをお聞きする「講師インタビュー」。  今回は、「体験活動ファシリテーター養成講座」をはじめ、「チームビルディング☆ファシリテーター入門講座」や「体験活動の~ふりかえり~講座」など、人間関係系の講座を担当する 河合 宗寛(かわい むねひろ) 講師です。 (さらに…)
More

「体験活動ファシリテーション」講座(全3回)

83d7381c048cde86af13a2f3d211de23_s
 学校教育におけるアクティブラーニング導入の動きをはじめ、今、あらゆる教育の現場で、主体的な学びを引き出すファシリテーションスキルを持った指導者が求められています。 野外教育をはじめとする体験活動においては、対象者一人ひとりが最大の「学び」を得るために、指導者(=ファシリテーター)はどのように支援すべきでしょうか…?ケガなどのリスクが伴う体験活動では、安全上 指導者が終始ファシリテーター役のみに徹しているわけにはいきません。時には対象者を危険から守るためにリーダーシップをとらなければならない場面もあります。 (さらに…)
More

「成果につながる」デジタル写真活用法

150727_3_300x468
 チラシ、ホームページ、ブログ、SNS… どれを見渡しても、目を引くものには必ずと言っていいほど、その内容にふさわしい【写真】が添えられています。インターネットでのコミュニケーションがより成熟してきた現在は、言葉や文字よりもむしろ【写真】を軸とした情報発信の時代であると言えます。  団体の趣旨や活動を「広く告知する」イベントの「参加者を募る」団体のファンとも言える「支援者を増やす」…こうした成果を得るためのカギを握っているのは、【写真】をどう扱うかにかかっている、とも言えます。 (さらに…)
More

「安全管理マニュアル」作成 講座(ASM 資格認定)

manual_848x477
 安全管理マニュアルが存在しない、あるいは不備がある状態で、体験活動中に万一大きな事故が発生してしまった場合、事業の継続が困難になることは、おそらく避けられません。  このセミナーでは、事故を未然に防ぎつつ安全にリスク(=学び)を提供するための「リスクマネジメントの基本」を土台にした、「安全管理マニュアル」の作成プロセスを学べます。 (さらに…)
More

「救急セット」を見直そう!

20150131_fa_2000x500
救急セット(ファーストエイドキット)は、怪我のリスクが伴う自然体験をはじめ、様々な体験活動において指導者・スタッフが必ず準備、携行する最も重要な装備の一つと言えます。 野外での傷病は、持参した救急用品とその場で調達できる限りある物資だけで処置を行わなければならないにもかかわらず、もしそれを一つ誤れば訴訟にまで発展してしまうケースさえあります。それだけに、救急セットの中身は本来、フィールドや活動内容に合わせて厳選すべきものと言えます。 (さらに…)
More