気づかぬうちに法律違反!?ライフジャケットの認証制度とアクティビティ別の選び方

ライフジャケット
 現在ライフジャケットには様々な種類があります。私たちがライフジャケットを選ぶとき、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?
 最も推奨されるのは、公的機関の認証を受けたライフジャケットです。認証制度は国によって違いますが、日本国内では、桜マークもしくはCSマークがついているものがお勧めです。
 桜マークとは国土交通省が定める基準をクリアしたライフジャケット。
 CSマークはJCI日本小型船舶検査機構の基準をクリアしたライフジャケットです。
 その他に川遊びに特化したライフジャケットの認証である「RAC川育ライフジャケット」もあります。
 以下では、これら3つのライフジャケット認証制度について、解説していきます。

桜マークについて

 日本では、国土交通省からの通達により、平成30年2月以降、すべての小型船舶(総トン数20トン未満、船舶及び船体の長さ24m未満のプレジャーボート)の乗船者に桜マークがついているライフジャケットの着用が義務化されました。
 ライフジャケットを着用しなかった場合、または桜マーク以外のライフジャケットを着用していた場合、法律違反となります。(その場合、船長が最大6か月の免許停止となります。)
 国土交通省が試験を行って、安全基準への適合を確認した桜マークのライフジャケットには主に4つのタイプがあります。
JKT-01_1

タイプA
目立つ色
(黄・橙色等)
反射板・笛付

JKT-02_1

タイプD
色指定なし
反射板・笛付

JKT-03_1

タイプF
色指定なし
反射板・笛なし

JKT-04_1

タイプG
タイプFより
更に浮力が少ない

 原則としてモーターボート、水上オートバイ、漁船など、操船に小型船舶操縦士免許が必要なすべての小型船舶の乗船者が、桜マーク付ライフジャケット着用義務の対象となります。
船
※小児用ライフジャケットは以下のように体重毎で浮力を分けています。
①体重40㎏以上         ⇒浮力7.5㎏以上
②体重15㎏以上40㎏未満 ⇒浮力5㎏以上
③体重15㎏未満         ⇒浮力4㎏以上

※ご注意ください

 小型船舶では桜マーク付のライフジャケットを着用していないと法律違反となります。また、漁船や旅客船にタイプA以外のライフジャケットを着用して乗船しても、同じく法律違反となりますので注意が必要です。

CSマークについて

 JCI日本小型船舶検査機構によるレジャー用ライフジャケットの性能鑑定は、平成28年4月からスタートしました。同機構が、ライフジャケットの浮力や強度を検査し、適合を確認した物にはCSマークが表示されています。
 ライフジャケットにCSマークがあれば、一定の安全基準を満たしていることが保証されていますが、国土交通省承認の桜マークとは別の基準になるので、CSマーク認証のみのライフジャケットを小型船舶で使うことはできません
 浮力や対象年齢の違いにより、大人用がL1、L2、L3の3種類、子供用がLC1、LC2の2種類、合計5種類あります。
CSマーク
※ L1(浮力11.7㎏)、L2(浮力7.5㎏)、L3(浮力5.85㎏)
※ LC1(浮力5kg)… 体重15㎏以上40㎏未満の子供用、
LC2(浮力4kg)… 体重15㎏未満の子供用

※ご注意ください

 激安ライフジャケットとしてCE認証CSS認証などと書かれているものがあります。CSマークと紛らわしいですが、CE認証はEU、CSS認証は中国の安全基準で作られたライフジャケットです。他にも、アメリカの認証マークに「USCG」というものもありますが、こちらも国土交通省の基準とは異なります。そのため、日本の性能基準や法律基準に適合した桜マークやCSマークの認証を受けたライフジャケットがおすすめです。

RAC川育ライフジャケットについて

 川遊びをするときの選択肢として、「RAC川育ライフジャケット」の認定マークがついたライフジャケットがあります。これは、川に学ぶ体験活動協議会(RAC)が、ライフジャケット認定規則を設定し、この基準を満たしたライフジャケットに「RAC川育ライフジャケット」の認定を与えたものです。
 下記のことが認定基準として設定されています。
① 流れの中での活動でも体にしっかりフィットし、脱げにくい構造であること。
② 川での活動などで動きやすく、泳ぎやすいこと。
③ 水中において、顔面を水上面に支持し、身体が垂直よりも後方に傾き、呼吸が確保しやすい浮遊姿勢となるようにつくられたものであること。
④ 川での活動に必要十分な強度が確保されていること。

※ご注意ください

 RAC川育ライフジャケットは、川遊びしやすいように作られたライフジャケットを認定する制度ですので、小型船舶に義務付けられた基準には適合していません。(RAC川育ライフジャケット認証のみの製品を着用して、小型船舶に乗船することは、法律違反となります)

まとめ

① 小型船舶に乗るときは、桜マーク付きのライフジャケットで、かつ船に合ったタイプのライフジャケットを着用しないと法律違反になる。
② レジャーなどでライフジャケットを着用するときは桜マーク・CSマークのライフジャケットを着用することをおすすめする。
③ 川遊びに限定する場合はRAC川育ライフジャケットを選ぶ選択肢もある。
 以上、安全で安心なライフジャケットを選ぶ際に、ぜひ参考になさってください。