未来へのバトンサミット2021

img_main

こどもたちに残したいものがある。
そして、守り続けてほしいものがある。

2030年までにCO2排出量の50%削減ができないと、
地球は取り返しのつかない状況になると言われている。

大人が子どもたちに渡せる“バトン”はあるのだろうか!?
今できることを考える!!


【①学ぶ:オンデマンド配信講演(全3回)】

2021年11月3日~21日

▶第1回講演:

ちょっとした行動の変化で温暖化は抑制できる!?
無理なく、楽しみながら持続可能で豊かな暮らし方

・配信期間
2021年11月3日(水・祝)〜7日(日)
・講師
石田 秀輝 氏
(地球村研究室代表/東北大学名誉教授/星槎大学特任教授 他)

▶第2回講演:

テクノロジーで温暖化に挑む
“CO2を減らせないなら、集めちゃえばいいんですよ!”

・配信期間
2021年11月10日(水)〜14日(日)
・講師
村木 風海 氏
(CRRA炭素回収技術研究機構 代表理事・機構長/科学者 兼 発明家/ポーラ化成工業 特別研究員 他)

▶第3回講演:

次世代に“未来のバトン”を渡そう!
子どもたちと一緒に21世紀型のマインドセットに

・配信期間
2021年11月17日(水)〜21日(日)
・講師
汐見 稔幸 氏
(白梅学園大学名誉学長/東京大学名誉教授/日本保育学会理事/全国保育士養成協議会 会長 他


【②集う:シンポジウム】

2021年11月27日(土) 10:00~12:00
≪実践女子大学にて(予定)≫


登壇者と一緒に考える、未来へのアクション

オンデマンド配信の講演者3名(石田氏、村木氏、汐見氏)によるディスカッション参加型のシンポジウム

「それぞれの講演を聞いて、何を感じますか?何を考えますか?」


【③行動する:未来への一歩体験会


#豊かな暮らし #間を埋める取り組み #気候変動アクションの実践

学ぶだけじゃ変わらない。
学んだことを意識して行動してみる。実践こそに意味がある。
自分でできる人は、自分で何かやってみる。
そうじゃない人は、協賛団体・関係団体が用意した
体験会プログラムに参加してみるところから始めよう。

さぁ、子どもたちや未来のために繋がる、「豊かなくらし」の始まりです!


【詳細・お申込み


https://hino-shakyo.com/special/miraihenobaton/

主催:公益財団法人 社会教育協会