【 開催レポート】危険生物オンラインセミナー ~様々な生き物による『受傷の種類』と『応急処置』

2020年6月28日(日) オンラインミーティングツールを用いた「危険生物オンラインセミナー ~様々な生き物による『受傷の種類』と『応急処置』」を開催いたしました。講師は、(一社)セルズ環境教育デザイン研究所の西海講師。今回は、セミナーの様子と受講者の皆さまの声をお届けします! (さらに…)
More

【 開催レポート】子どもの救急法オンラインセミナー(2) ~子どもによくあるケガと応急処置の基本手順

2020年6月25日(木)/ 2020年7月5日(日) オンラインミーティングツールを用いた「子どもの救急法オンラインセミナー(2)~子どもによくあるケガと応急処置の基本手順」を開催いたしました。今回は、セミナーの様子と受講者の皆さまの声をお届けします! (さらに…)
More

【 開催レポート】子どもの救急法 無料オンラインセミナー

2020年 4月 11日( 土 ) 体験活動リーダースアカデミー主催、「子どもの救急法 無料オンラインセミナー」を開催いたしました。オンラインでのセミナーがどのように進行していくのか、今回はセミナーの様子を詳細にお届けします! (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】救命救急法 研修 in 社会福祉法人 景行会 様

2019年12月12日( 木 ) 町田市内で、保育園や学童保育クラブの運営をされている「社会福祉法人 景行会」様に講師を派遣し、「救命救急法 研修」を開催いたしました。今回は、講座の様子や受講者の皆さまの声をお届けします! (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】子どもの救命救急法 国際資格(EFR-CFC)取得講座 in COSMOS保育園 様

2019年12月7日(土) 横浜市内の「COSMOS保育園」様に講師を派遣し、「子どもの救命救急法 国際資格(EFR-CFC)取得講座」を開催いたしました。当日の様子と、受講者の皆さまの声をお届けします。 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】森のようちえん全国交流フォーラム in ぎふ 「事故事例から考える、自然保育・園外保育のリスクマネジメント」

2019年11月3日(日) 「第15回 森のようちえん全国交流フォーラム in ぎふ」に講師を派遣し、分科会の一つとして「事故事例から考える、自然保育・園外保育のリスクマネジメント ~事故を未然に防ぐには?適切な応急処置とは?~」と題し、リスクマネジメントと応急処置についてお話をさせていただきました。当日の様子や、受講者の皆さまの声をお届けします。 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】自然保育 森のたんけんたい 受託研修「子どもの体験活動リスクマネジメント研修(ASL資格認定講座)」

2019年11月1日(金) 愛知県春日井市にある、自然保育 森のたんけんたいで開催された「リスクマネジメント研修(ASL資格認定講座)」に講師を派遣させていただきました。当日の様子や受講者の皆様の声をお届けします。 (さらに…)
More

遊びや暮らし役立つ 生き物&樹木学コラム ~南側の年輪は太くなる?~

森や山を歩いていると、伐り倒された木の痕跡「切り株」に出会うことがあります。この切り株の年輪を見てみると、どちらかに偏った形をしているものを見たことがある方も多いのではないでしょうか。 体験活動リーダースアカデミーで開講される「木のきほん」講座の中でも、よくこのような年輪について「南側は幅が広く、北側は幅が狭くなるというのは本当ですか?」と聞かれることがあります。 今回はこの質問にお答えし、「方角と年輪の関係」についてご紹介していきます。 山で迷ったときは年輪を見る…?? 「樹木は日の当たる方が成長は良いはずだから、年輪の幅が広い方が南だ!迷った時は年輪で方角が分かる!」という言葉を耳にした方も多いかと思いますが、実はこの説は正しくありません。 通常、樹木は樹皮の下に細胞分裂を行う「形成層」があります。この形成層は内側に木部(木材として使用する部分)を、外側に樹皮を作り出します。形成層では、どの方向にも同じ量で成長していくため、正常に成長するときれいな円を描く年輪が作られるのです。 しかし、急斜面に生えてしまった樹木は自分の体を支えるために、力がかかる部分を補強する必要があります。この「補強」によって年輪の幅に偏りが生まれるのです。山の斜面で見かける年輪に偏りがあるのは、こう言った理由があります。 針葉樹と広葉樹の違い しかし、山の斜面で切り株を観察...
More

小児救命救急法の資格を取ろう! ~なぜ指導者・保育者は、子どもの救命救急法 資格を取得すべきなの?~

なぜ子どもの指導者・保育者は、救命救急法の資格を取得すべきなの? あなたはイザ!という時、子どもの命を守るために、『適切な応急処置』を『適切なタイミング』で行う自信はありますか? 子どもの傷病に対応義務のある指導者・保育者は、その自信があろうと、無かろうと、もしもの時には保護者や社会から、そのような対応を期待されています。 また「なぜ救急車を呼んだのか?」「なぜその処置をしたのか?」についても、しっかりとした『根拠』が伴わなければ、上司や保護者に説明することが難しくなります。 (さらに…)
More

【 開催レポート&受講者の声 】9/4-5 東京都 保育士等キャリアアップ研修

2019年9月4日(水)〜5日(木) 東京都日野市で開催された「東京都 保育士等キャリアアップ研修」に講師を派遣しました。 1日目は「リスクマネジメント」、2日目は「小児救急法」の研修を行いました。 受講者の皆様の声をお届けします。 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】エコリーダー養成講座フォローアップ研修「成果を生む写真の撮り方・活用法」

2018年2月25日(日) 東京都 江東区にある、えこっくる江東 環境学習情報館で開催されたエコリーダー養成講座フォローアップ研修「成果を生む写真の撮り方・活用法」に、当アカデミーの講師 渡辺氏が登壇させていただきました。当日の様子や受講者の皆様の声をお届けします。 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】夏の自由研究はコレだ! 親子で挑戦!本格昆虫標本づくり 2時間講座

2017年7月22日(土) 夏休み最初の週末に、当アカデミー初となる親子向け講座「夏の自由研究はコレだ! 親子で挑戦!本格 昆虫標本づくり2時間講座」が、開講され、定員いっぱい12名の小1〜小6のお子さん達と、その保護者の皆さまにご参加いただきました。 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】 標本で学ぶ!ハチとヘビを知り尽くす 危険生物対策 講座

2016年4月25日(月)西海講師の大人気講座「標本で学ぶ!ハチとヘビを知り尽くす 危険生物対策 講座」が横浜で開講されました!平日の開催であったにもかかわらず、たくさんの方に参加していただきました。   開講前から名刺を配り、受講者の方とのコミュニケーションを欠かさない、礼儀正しい西海講師。生き物への知見が深いだけでなく、親しみやすい人柄にも定評があるようです。受講者の中には、「西海講師はおもしろい人だと友だちに聞いたから受講を決めました。」という方もいらっしゃいました。 (さらに…)
More

【 開催レポート & 受講者の声 】五感と心で伝わる!「昆虫・生きもの標本」作製講座(Ⅰ~Ⅲ)

2016年4月29日、GW初日にあたるこの日、「 五感と心で伝わる!「昆虫・生きもの標本」作製講座(Ⅰ~Ⅲ)」が開講されました。講師は危険生物対策講座も担当されている、生き物への熱い思いを持ったインタープリター、セルズ環境教育デザイン研究所代表の西海太介さんです。今回も、西海 講師の講座ではお馴染みのこの言葉…「現象には必ず理由がある(※)」から始まりました! (さらに…)
More

【開催レポート】 標本で学ぶ!ハチとヘビを知り尽くす 危険生物対策 講座

 2016年2月11日、机に乗り切らないほどの標本が受講者の目の前に並ぶなか、「標本で学ぶ!ハチとヘビを知り尽くす 危険生物対策 講座」が横浜で開講されました!  講師は、生き物への熱い思いを持ったインタープリターでセルズ環境教育デザイン研究所代表の西海太介さん。危険生物の原理・生態を知ることで事故を予防することができるというお話の後、いよいよ講座がスタートしました。 (さらに…)
More