【 開催レポート & 受講者の声 】エコリーダー養成講座フォローアップ研修「成果を生む写真の撮り方・活用法」

レポート

2018年2月25日(日)
東京都 江東区にある、えこっくる江東 環境学習情報館で開催されたエコリーダー養成講座フォローアップ研修「成果を生む写真の撮り方・活用法」に、当アカデミーの講師 渡辺氏が登壇させていただきました。当日の様子や受講者の皆様の声をお届けします。


 

この講座の講師は、「2つの広報講座 パワポでチラシ作り×写真活用法」の後半を担当する「うぃる」こと渡辺直史氏。日本大学藝術学部写真学科を卒業後、山岳写真家 助手として「世界百名山 撮影プロジェクト」に参加、エベレスト他 ヒマラヤの撮影に同行されるなどの経歴を生かし、今回は写真の撮影法や活用法をお伝えしました。

レポート2

レポート3

前半は座学を中心に写真撮影の基礎を学びます。「写真の3つの特質」や、最少の撮影枚数で最大の効果を得るための「撮影計画の立て方」、「誰もが使える3つの撮影テクニック」の伝授や実習が行われました。さらには、撮りためた「写真の活用方法」についても事例を交えて紹介しました。


後半は、「動きのある被写体の撮り方」や「光にこだわった小物撮影」「ものの形を浮かび上がらせる撮影法」、そして「人物を活き活き写すためのテクニック」など、すぐに役立つ実戦的なスキルを、受講者同士がコミュニケーションをとりながら、楽しく身につけました。

レポート4

レポート5

老若男女が、誰でも手軽に楽しめる一方、なかなか思うように撮れないのが「写真」の難しさであり、醍醐味とも言えます。
しかし今回は、その日に初めて出会ったばかりの受講者同士も、「写真」を介して楽しい学びの ひと時を過ごせたようです。
参加していただいた皆様、ありがとうございました!また是非、どこかでお会いしましょう!!
(もちろん、横浜での講座へのご参加もお待ちしています…!)

 参加者の声


 今までとにかく写真を撮りまくって、その中からまともなものを探していました。今後は撮影計画をたて効率よく目的に合った写真を撮りたいと思います。

 「写真集は出発前に決まっている」ということがとても印象に残った。 枚数ばっかり撮って、あとでその仕分けが大変なのは共感できた。

 期待を上回る楽しさでした。講師の方が素晴らしいと思いました。

 丁寧に質問に答えて頂けて勉強になりました。心を動かす撮影テクニックは今後に是非活用したいと思います。

 計画と準備を合理的にできる方法が分かった。写真のテクニックも参考になった。

 広報のために写真を撮ることがあるのですが、これまでいかに漫然と撮影していたのか実感しました。また、自分の持っているデジカメにも効果的な機能があることを知り、これから有効活用していきたいと思いました。

 プロカメラマンの撮影計画では、プロセスが自分と正反対であることに気づきました。写真を見る人を事前に想定してから撮影することを学びました。フォーカスロックのテクニックを実践したいと思いました。ありがうございました。あっという間の3時間でした。

 詳しい説明でわかりやすかった。自分が所属する会の専属カメラマンの重要性をひしひしと感じた。その担当者に参加してほしかった。


 

 受講者の皆さま、貴重なご意見、ご感想をありがとうございました!

 

↓↓お金と時間の節約&成果につながる!2つの広報講座 はコチラ↓↓