【開催レポート】こどもの体験活動 指導者のための安全ワークショップ in 明星大学(EFR-CFC 過程認定)

EFR_01_500x280

事故を未然に防ぐリスクマネジメントに引き続いて、万一のケガに対処する応急処置について学びました。導入では、体験活動の指導者が参加者に対して行う救命救急は「善意」によるものではなく、職務上の「義務」であること、また医療従事者ではないものの、一定頻度者としてより高度な処置が期待されることなどを確認したところで、いよいよ本格的な応急処置のカリキュラムに入りました。

EFR_04_500x280

心肺蘇生とAED、そして緊急性の判断や大人と子ども、それぞれの処置について一通り学んだ後は、より実践に近いシナリオシミュレーションにチャレンジした。終了後は、苦しんでいる傷病者を前に落ち着いて対処できたか、基本の手順を踏まえて処置できたか等を振り返り、一人ひとりの反省や気づきも大切な学びとして持ち帰りました。

EFR_03_500x280

最後に認定試験を受験し、全員無事に合格!安全管理と救急法、2つの認定証を取得することができました。アンケートでは、このワークショップを通じて「新たな知識」と体験活動や応急処置に対する「積極性」、更には「自信」にもつながったという感想が数多く寄せられました。受講された学生の皆さん、本当にお疲れ様でした!