【 開催レポート & 受講者の声 】自然保育 森のたんけんたい 受託研修「子どもの体験活動リスクマネジメント研修(ASL資格認定講座)」

2019年11月1日(金)
愛知県春日井市にある、自然保育 森のたんけんたいで開催された「リスクマネジメント研修(ASL資格認定講座)」に講師を派遣させていただきました。当日の様子や受講者の皆様の声をお届けします。


 

研修の中では、座学を中心に、「リスク」や「リスクマネジメント」といった用語の解説やリスクマネジメントの基本手順を学びます。さらに、指導者にかかる「法的責任」や「注意義務」に関する内容にも触れながら、重大事故を未然に防ぐリスクマネジメントについて学びを深めます。

IMG_0024

IMG_0017

さらに座学のみならず、事故やヒヤリハットに至る前の「リスク」を発見し、効果的に対処することにつなげる演習やディスカッションを行い、スキルとして身につくだけでなく、実践に向けてのトレーニングも行いました。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 参加者の声


★★★★★ 女性

・普段の園での活動をイメージしながら受けられた。
・今回他のお母さんたちと一緒に受けることが出来たので、皆で実際のフィールドを歩いて実行していきたいと思います。

★★★★★ 女性

・今必要なことが自分の中で精査され、気をつけようと思うところが分かった。
・現場でリスクについて話し合いながら、活動していきたい。

★★★★★ 女性

・実践を交えて学べたので、より分かりやすかったです。
・表に付箋を貼るワークがとても良かったので、今後、実際のフィールドでやり、共通意識をもち活動につなげて行きたいです。

★★★★★ 女性

・実演が多くあったことで、想像だけでなく、実体験として身近に考えることが出来た。リスクを見つけることが難しかったので、見つけ方を学べてよかった。
・子どもと自然の中で過ごす中で、リスクを見つけ、共有をして少しでもリスクを小さくして安心して保育をしていきたいです。

★★★★★ 女性

・座学で学び、実際動くことでより深く学ぶことができた気がします。具体的で分かりやすく頭に入ってきました。
・リスク評価をしっかりと行い、今行っているフィールドのリスクの洗い出しをしてより安全な保育ができるようにしたいです。
・もう少し時間があれば、実際の保育現場での問題点を検証する時間があるといいなと思いました。

★★★★★ 女性

・楽しみに楽しみにしていて、やっと受講できた。経験とあやふやな知識の整理ができました。座学と経験とはやっぱり違います。
・活動サポーターとして、現場リスクの重度認識の共有に、今回の学びを活用していきたいです。

★★★★★ 女性

・今まで危険なことに対してあいまいになっている部分も多く、安全に活動ができるように今回の勉強が生かしていけると思いました。
・子どもが安全に活動できるようにまずねらいを決め、その上でリスクを小さくしていき、より安心して活動できるよう保育していきたいと思います。

★★★★★ 女性

・フィールドワークもあったので理解しやすかった。今、自分たちがやるべきことが見えた。
・活動の「ねらい」を確認し、フィールド内でのリスク、ハザードを発見し、対処していきたいと思いました。また、子どもたちとセーフティトーク。
・実際の活動場所を講師と歩いてみたいです。

★★★★★ 女性

・分かりやすい講習でした。実践に向けて、とびらが開いた感じです。
・保育の場、家庭でのアウトドア休日の場、いろいろなところで環境に合わせて活かしていきたい。

★★★★  女性

・リスクの評価方法、表に書く方法が、意見の食い違いをまとめるのに有効だと思った。
・リスク評価の方法を、観察会やイベントの前にやってみたい。
・できればもう少し時間が短いと良い。

★★★★  女性

・ようやくわかってきた気がするところです。あと2時間くらいプラスして具体的に話すことや、行動・実例が欲しかった。
・活動での環境を整える。小学生の息子やその友達と遊ぶ時に活かしていきたい。


 

 受講者の皆さま、貴重なご意見、ご感想をありがとうございました!

 

↓↓【主催】子どもの体験活動リスクマネジメント講座 はコチラ↓↓