小児 救命救急法 ( EFR – CFC )

小児 救命救急法


Emergency First Response
Care for Children  ( EFR - CFC )

 EFREmergency First Response は、180カ国以上で展開している世界最大のダイビング教育機関「PADI」の傘下で、救命救急法プログラムを専門に提供している民間企業です。カリキュラムの策定には国際蘇生法連絡委員会(ILCOR)のメンバーも加わっており、最新の医学根拠に基づいたプログラムを受講できます。日本においても、消防や日本赤十字に先駆けてAED講習を提供してきた実績があります。

EFR-CFC-認定証

小児 救命救急法
(EFR-CFC) 認定証

EFR - CFC= Care For Children プログラムでは、身体面と心理面の両面において子どもの特性に配慮した【一次ケア(CPR/AED)】ならびに、【二次ケア(生命にかかわらない傷病の応急処置)】について学べるよう構成されています。更に後半のシナリオトレーニングでは、傷病の【評価】つまり、直ちに救急車を呼ぶべきか、病院に連れて行くべきか、などについても”体験を通じて”学ぶことができ、受講者の皆様からは「知識だけでなく実践力や自信も得られた」とのご評価をいただいています。

EFR-CFC が選ばれる4つの理由

1,指導者に求められる救命救急レベルの習得

EFR_01_500x280

 無料あるいは安価で提供されるAEDや心肺蘇生法の講習は、一般の人が「善意で」行うことを前提としています。しかし体験活動の指導者は、厚生労働省の通達によれば「職務上」AEDを使用する可能性のある一定頻度者に該当するとされ、善意の市民より高度な心肺蘇生技術が要求されます。EFR-CFCは、最新のガイドラインに基づいた座学と演習、更に認定試験によって指導者に求められる技術レベルが習得できます。

2,手当てだけでなく傷病の評価も学べる

EFR_02_500x280

 体験活動の現場で見られる傷病は、その全てにおいて原因がはっきりしているとは限りません。様々な場面で傷病者に「何が起きているのか」を評価できなければ、適切な応急処置につなげることは困難になります。EFR-CFC では、生命維持の基本原理にはじまり傷病の評価についても学べるので応用範囲が広く、適切な処置につなげられることが期待できます。更にそれらの知識は怪我の予防や、危険予知にも応用が可能です。

3,子どもの特性を踏まえた応急処置

EFR_03_500x280

  いくつかあるEFRライセンスのなかでも、本アカデミーで学ぶ Care for Children (CFC) は、子どもの傷病への対処を中心に学びます。例えばCPRにおいて成人よりもなぜ人工呼吸が重視されるのか、子どもの身体の特性に基づいて説明されます。同様に応急処置についても成人とは異なるポイントを、座学やデモンストレーション、演習等を通じて学びます。更に乳児についても理解を深めることで、あらゆる年代に対応できる救命救急法を効率よく習得できます。

4,シミュレーションで実践力を高める

EFR_04_500x280

 EFR-CFC セミナーの受講者は講座の終盤になると、実践さながらのリアルな事故現場を再現したシナリオトレーニング(シミュレーション)にチャレンジします。終了後には、意識がなかったり苦しんだりしている傷病者を前に「落ち着いて対処できたか」「基本どおりに行動できたか」「学んだ知識を活用できたか」などについてふりかえりを行います。それらを通じて、現場での実践力を高めると同時に、傷病者対応への自信を深めることも期待できます。

セミナー概要

EFR_05_700x500

受講対象者

  • 学生
     … 主に指導者を養成する大学・専門学校等で学んでいる方
  • 教職員 … 幼・小・中・高の先生、保育士の方
  • 児童養護施設スタッフ … ケアワーカー、ボランティア
  • 各種団体職員、ボランティア … 行政・地方自治体・企業・NPO
  • 講師・インストラクター
     … 体験活動を提供する学習塾やスポーツ塾等
  • その他 体験活動を提供する指導者・リーダーや、それを目指す方
  • 興味関心のある方

受講形式

  • 集合セミナー  … 受講会場で講師から直接受講

標準学習時間

  • 7時間  ※認定試験を含む

受講期間

  • 1日〜3日(1日あたりの受講時間による)
    ※認定試験を含む

認定条件

  • EFR-CFCの全カリキュラムを受講済みであること
  • 課程認定試験に合格していること

認定の有効期間

  • 特になし
    ※但し、ガイドラインの変更等にも対応できるようにとのねらいで2年以内の再受講が推奨されています。

EFR-CFC3つの柱 おもなカリキュラム

EFR_ccm

<一次ケア>
 ■ 応急処置の考え方と優先順
 ■ 心肺蘇生法(CPR)とAED:成人・子ども
 ■ 緊急性の判断
  救急車の要請

<二次ケア>
  
処置フローの確認
  SAMPLEと全身の確認
  よくある傷病への対処:成人・子ども

<シナリオトレーニング>
 ■ 事故現場を再現したシミュレーション
 ■ シミュレーションのふりかえり

世界各国での採用実績

EFR は世界各国の政府機関はじめ様々な団体から、正式な規準を満たすプログラムとして承認されている
国際的なライセンスです。

1. Canada Occupational Safety and Health
2. Alberta, Canada for Workplace Health and Safety
3. Newfoundland & Labrador, Canada for Workplace Health and Safety
4. Health and Safety Executive (Great Britain) and ( Northern Ireland) for the purposes of first aid in the workplace
5. British Canoe Union (BCU)
6. Espirito Santo Fire Department, Brazil
7. Italian Resuscitation Council
8. National Strength and Condition Association (NSCA), Japan
9. Royal Yachting Association United Kingdom
10. Scouts Association U.K.

11. SkillsActive - United Kingdom
12. Transport Canada
13. Duke of Edinburgh's Award United Kingdom
14. SEMICYUC Sociedad Espanola de Medicina Intensiva, Criticos y Unidades Coronarias (Member of Spanish Resuscitation Council )
15. Department of Community Services (NSW) Australia
16. Department of Communities (QLD) Australia

17. Dept of Education and Training (WA) Australia
18. Queensland Government, Marine Transport Authority, Australia
19. RCNA Endorsement Confirmation, Australia
20. Australia Council for Teaching Swimming and Water Safety (AUTSWIM), Australia

21. NZ Maritime Approval Letter
22. Northwest (UK) SureStart Care for Children
23. Schweizerischer Hangegleiter-Verband
24. Federation Suisse de Vol Libre
25. Sport For All Korea Handball Federation
26. Yacht N Company, Korea
27. Philippine Heart Association Council on CPR
28. Nationally Recognised Training in Australia: HLTCPR201A, HLTFA201A, HLTFA301B, SRXFAD001A
29. Vocational Education and Training (VET) in Australia
30. Korean Body Guard Martial Arts Association

そのほか米国内ではAmerican Council on Exercise (ACE)、National Oceanic and Atmospheric Association (NOAA) など
28の機関に認められています。

EFR-CFC 認定証 取得までの流れ

EFR-CFC-認定証
  1. EFR-CFC 認定セミナーに参加する
  2. セミナー内の認定試験を受ける
  3. 試験に合格後、認定証を申請する
  4. 後日郵送で認定証を受け取る

お問い合わせ

■ 個人のお客様へ

募集中のセミナーを探す

受講者募集中のセミナー 一覧ページを表示します

■ 法人のお客様へ

講師の派遣を依頼したい

貴団体の主催でEFR-CFC 認定セミナーを開講できます

■ 担当者に直接 問い合わせたい方へ

プラムネット株式会社 アウトドア共育事業部 担当: 渡辺  まで、
お気軽にお問い合わせください。

tel2_icon

TEL
045−312−6016

mail_icon