渡辺 直史 :プラムネット株式会社 アウトドア共育事業部 統括リーダー

講師紹介


 

profile_195x150

渡辺 直史 WATANABE, Naofumi


キャンプネーム(ウィル)

プラムネット株式会社 アウトドア共育事業部 統括リーダー
公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会 評議員/安全委員
EFR 救命救急法 国際資格インストラクター
体験活動セイフティートレーナー
日本子ども安全学会 会員、子ども安全管理士

略歴

・新潟県出身。日本大学藝術学部写真学科卒。
写真専門ギャラリーPGI スタッフとして東京都写真美術館等の額装・展示に携わる。
・世界的な冒険教育機関であるOutward Bound School (OBS) の日本における拠点(公財)日本アウトワード・バウンド協会 (OBJ) の冒険教育指導者養成コース(JALT)修了。非常勤インストラクターとして、青少年や企業等を対象とした冒険教育プログラムに携わる。
・東蒲原郡森林組合にて、伐採・枝打ち・製材等の林業に従事。
・山岳写真家 助手として「世界百名山撮影プロジェクト」に参加、チョモランマ(エベレスト)、マカルー他 ヒマラヤ山脈の撮影に同行。
・児童養護施設職員として、未就学児から高校生までを対象に様々な自然体験や冒険キャンプを企画・運営。
・日本の子どもたちをアラスカの氷河へ誘ってキャンプする任意団体オーロラクラブの運営スタッフとして活動開始。
・(公財)日本アウトワード・バウンド協会 安全委員の一人として、同法人の安全管理マニュアル策定に携わる。2016年より同協会 評議員。
・現職では「FIEDAY.net  体験活動リーダースアカデミー」にて、主に指導者を対象とした事業を展開中。年間100本を超える講座や研修を開講。冒険教育における安全管理をベースとした「安全」と「教育効果」を両立させるリスクマネジメントを提唱。小児救命救急法写真活用法講座の講師も務める。

講師 実績

・広島県教育委員会 自然体験活動 教職員研修
広島県自然保育認証団体 保育者等安全管理研修
・埼玉県児童養護施設 基幹職員研修、グループホーム職員研修
・大田区 社会教育課 野外活動指導者研修
・三鷹市市民協働センター NPOスタッフ向け研修
・さいたま市児童養護施設 カルテット職員研修
・広島県立福山少年自然の家 主催事業 特別講師
・八王子市私立幼稚園協会 職員研修
・蓮田市保育士会 職員研修
・明星大学 子どもの体験活動 安全管理ワークショップ
・(公財)東京YWCA リーダー研修
・(公財)かわさき市民活動センター 職員研修
・一般社団法人吉川慎之介記念基金 第四期子ども安全管理士講座
・ぱしふぃっくびぃなす世界一周クルーズ「アラスカの自然」講師
森のようちえん全国交流フォーラム2017 D-7 インシデント検証 分科会
・滋賀森のようちえんネットワーク「子どもの安全講習会」
・第4回 日本子ども安全学会「重大事故が起きる前に考えるリスクマネジメント」  ほか多数

profile_200x266

執筆・その他

・中央法規 「保育・教育施設における事故予防の実践」(西田佳史、山中龍宏 編著)第三章・第五章10項 執筆協力
・公益社団法人 日本キャンプ協会 キャンプ研究 第18巻「ハンディ気象計による気象リスクマネジメントの可能性〜トムラウシ山遭難事故(2009)報告書より〜」執筆
・公益財団法人 日本アウトワード・バウンド協会 主催 写真展「人と自然 ~冒険教育の世界」展 監修(※)
・アウトドアメーカーpatagonia スピーカーシリーズにおいて、全国直営店にて「日常を遠く離れ、宇宙と対話できる場所へ…子どもたちのアラスカ・ルース氷河キャンプ」 スライド上映
・東日本大震災の翌年、社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団・公益財団法人 日本YMCA同盟、公益社団法人 日本キャンプ協会の共同事業による 「スカイキャンプ~大切な人を失った子どもたちのためのキャンプ」 において、記録撮影を担当
・公益社団法人 日本キャンプ協会 50周年記念フォトコンテスト 審査委員長 ほか多数

(※)この写真展は、後にNHK教育テレビ(現Eテレ)「天才てれびくん」で冒険教育が取り上げられるきっかけになりました。

リンク