教員・保育士スキルUP講座

教育や保育に関わる全ての方へ

これまでのスキルを活かし、さらなるキャリアアップを!

1665116_s (1)

教育や保育の現場においては、安全と同時に豊かな学びや成長を促すことも期待されています。そのためにはあらゆる角度から現場の危険を予知し、回避するための知識やスキルが必要となります。

講座の特長
体験活動リーダースアカデミーでは、座学だけでなく多くのディスカッションや体験なども交えて、実践的な知識やスキルを学べるよう内容を構成し、事故予防や事故発生時の救急法、危険生物対策など、様々な講座を開催しています。

hoiku

実践経験 豊富な講師陣
各分野の第一線で豊富な実践経験を積んだプロフェッショナルが講師をつとめます。
専門家としてだけでなく、実践者としても活躍している講師陣だからこそ、受講者の目線に寄り添い、教育や保育現場における重要なポイントをおさえた内容が提供できできます。そのため受講後すぐに活用できる知識やスキルを身につけることができます。

講座ラインナップ


 

※各講座内容について、さらに詳細をお知りになりたい方は講座タイトルをクリックしてください

スタッフ間の
安全管理の知識に
バラつきが
ありませんか︖

危険だなぁ
と思っても
言い出せないこと
ありませんか︖

子どもたちを
どこまで自由に
遊ばせてよいか
迷うことが
ありませんか?

経験や勘だけに頼らない実効性のある事故予防スキルと、子どもの成長や学びに配慮したリスクマネジメントの基本手順を、座学や体験演習、ディスカッションを通じて学びます。


■ 資格の発行

事故予防と安全管理の基礎研修を修得した方には「体験活動セイフティーリーダー」として認定し、資格認定証を発行します。

東京都キャリアアアップ研修「保健衛生と安全管理」の指定機関の(公財)社会教育協会に講師派遣をしており、こちらの研修を受講した方にも発行している資格認定証です。


■ 講師:渡辺 直史


asl-junglegym-1

ボタンをクリックすると
チケットが購入できるPassMarketのページにリンクします。

経験を活かして
さらなる
ステップアップを
目指したい

今使用している
安全管理の
マニュアル
このままでいいの?

責任ある立場として
スタッフ間の
意識共有を
まとめたい

「リスクマネジメントの基本手順」を土台に、責任者や担当者が一人で頑張るのではなく、職員・スタッフからなるチームの力を活用した「安全管理マニュアル」の作成プロセスを学びます。


■ 資格の発行

本講座はEラーニングによる受講形式となりますが、講師派遣にも対応可能です。
Eラーニングでは、お好きな時間、場所での受講が可能なため、日常業務に忙しい方でも無理なく学ぶことができます。

受講後に「体験活動セイフティーマネージャー」の資格認定を受けられます。(講座の最後にチェックテストがあります。)


■ 講師:渡辺 直史


img_848x477

Eラーニングによる受講となります。
ボタンをクリックすると
講座内容の詳細、申し込みから受講までの流れに関するページにリンクします。

救急車を呼ぶ?
呼ばない?
判断基準が
あいまいで不安…

子どもの救命や
応急処置で
特に
注意すべき
点は︖

心肺蘇生や
AEDの使用など
習ったことを
適切にできる
自信がない…

身体面と心理面の両面において子どもの特性に配慮した【一次ケア(CPR/AED)】ならびに【二次ケア(生命にかかわらない傷病の応急処置)】について学びます。
更に後半のシナリオトレーニングでは、傷病の【評価】つまり、直ちに救急車を呼ぶべきか、病院に連れて行くべきか、などについても”体験を通じて”学ぶことができます。


■ 資格の発行

受講後には、子どもの救命救急法 国際資格(EFR-CFC)の資格認定を受けられます。
北南米はじめヨーロッパやアジア各国の政府機関でも採用されている国際資格を取得している事は、国際化が進む日本においても大きなキャリアアップにつながります。

 


■ 講師:寺田 達也、渡辺 直史


20151015_5_782x440 (1)

ボタンをクリックすると
チケットが購入できるPassMarketのページにリンクします。

園外保育、
危険生物のために
どんな対策を
しておけばいいの?

もしハチに
刺されたら
どう対処すれば
いいの?

子ども達に
ハチやヘビから
身を守る方法を
教えたい

危険生物による死亡者数のワースト1位と2位であるハチとヘビ。彼らの驚くべき生態から導き出される効果的な予防法、そして「まさか」の時のための応急処置などについて、じっくり学びます。


■ 講師:西海 太介


800×450

ボタンをクリックすると
チケットが購入できるPassMarketのページにリンクします。

ハチやヘビ以外に
どんな
危険生物が
いるの?

毒性を持つなど
危険な植物に
ついても
知りたい

生物や状況に
応じた的確な
応急処置の方法を
学びたい

園外保育で出会う可能性の高い危険生物たちを応急処置別に紹介・解説し、事故予防に役立てていただくことをねらいとしています。
幅広く危険生物の種類を学ぶことで、活動するフィールドのなかで何が危険なのかを判別するヒントになることが期待できます。


■ 資格の発行

「ハチ・ヘビ危険生物対策セミナー」「その他の危険生物対策セミナー(マダニ・毛虫・昆虫・植物など)」をどちらも受講した方は、「危険生物対策アドバイザー(DMA)」の資格認定を受けられます。

危険生物について知ることは、園外保育のみならず日常生活における「最初の事故予防」となり、資格取得はキャリアアップにつながります。


■ 講師:西海 太介


危険生物Ⅱイメージ

ボタンをクリックすると
チケットが購入できるPassMarketのページにリンクします。

「発達障がい」って
具体的に
どういうもの?

自分がかかわる
子どもの中に
”気になる子”が
いる

多様性を
受け入れるような
プログラムを
組み立てたい

「発達障がい」がどういうものか、どう接したらいいのか、具体的な事例とともに解説します。
また「障がい」を持つメンバーを受け入れたプログラムの組み立て方や、野外活動・芸術活動などの体験活動が子どもの発達に及ぼす可能性について考えます。


■ 講師:水村 賢治


hattashushogai_782x440

ボタンをクリックすると
チケットが購入できるPassMarketのページにリンクします。